オイルクレンジングは肌を老化させる?!

大人気!ラミナーゼ

クレンジングといえばオイルタイプ

 

オイルクレンジング

 

クレンジングの中でも主流なのが、オイルタイプなのではないでしょうか。

 

人気の理由は、落ちやすさ。

 

メイクはしっかりと落とさなければクレンジングの意味がありませんよね。
オイルタイプはしっかりと肌に馴染み、密着したメイクも簡単に洗い流すことが出来るでしょう。

 

クリームクレンジングやミルククレンジングではメイクが落としきれないという人も、オイルタイプなら安心して簡単に洗い流すことが出来ます。

 

だからこそ、多くの人がオイルクレンジングを愛用しているのでしょう。

 

昔はオイルタイプは水に濡れた肌には使うことが出来ませんでしたが、最近は顔や手が濡れていても落とせる商品も増えてきました。

 

これからも、しっかりとメイクを落としたい派の人に人気のクレンジングとなるでしょう。

 

 

肌の乾燥・老化を助長させるオイルクレンジング

 

オイルクレンジング 乾燥肌

 

使い勝手が良いからという理由でオイルタイプを選ぶ人が多いですが、オイルタイプは肌への負担が大きいということをご存じでしょうか?

 

美容オイルで保湿をする人も多いので、オイルは肌に良いもの、保湿効果を齎してくれるものと思っている方もいるかもしれませんが、クレンジングは違います。

 

メイクを落とすために界面活性剤が含まれていることが多く、界面活性剤が含まれているからこそ水と油分が混ざり合いメイクと馴染み強い洗浄力を実感することが出来るのでしょう。

 

しかしこの洗浄力の強さが肌の負担となり、乾燥や老化を招いてしまう可能性があります。

 

界面活性剤は安全性の高い成分ではありますが、肌の必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があるでしょう。
そのせいで肌の乾燥が悪化し結果的に老化を進行させてしまいます。

 

また、オイルはトロトロとした柔らかい液状ではありますが、テクスチャーが柔らかいせいでついつい肌を摩擦してしまう可能性もあるのです。

 

しっかりとメイクを落とすことが出来るかもしれませんが、洗浄力の強いクレンジングなので肌への負担は一番大きいでしょう。

 

 

洗浄力が強く肌に負担のかからないクレンジングは?

 

オイルタイプを使っている人の多くは、

 

とろみがあり柔らかくて簡単にメイクを落とすことが出来るから

 

という理由でオイルタイプを使っているでしょう。

 

その為、ジェル、リキッド、ミルク、クリーム等のクレンジングでは物足りなさを感じるかもしれません。

 

もしクレンジングに悩んだら、バームタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

 

バームタイプのクレンジングなら、オイルに近い洗浄力を持ちつつも肌に優しく、界面活性剤も含まれていません。

 

独特のテクスチャーで摩擦を最小限に抑え、肌に負担をかけずに濃いメイクもきちんと洗い流してくれるのではないでしょうか。

 

しかも、バームクレンジングのほとんどはダブル洗顔不要。

 

一度でメイクも落とせますし洗顔効果も実感できるので、肌に負担をかけずに時間も短縮しながらクレンジングを行うことが可能です。

 

当サイト限定!↓大人気クレンジングバーム