モデルや芸能人も愛用!フランス発ビオデルマは本当に優秀?

大人気!ラミナーゼ

モデルや芸能人も愛用!フランス発ビオデルマは本当に優秀?

 

敏感肌でも安心して使用できるクレンジング剤として人気のビオデルマ。最近ではドラッグストアでも手に入るようになり、実際に使ったことがある人も多いのではないでしょうか?

 

 

モデルや芸能人は一般の人よりも肌を酷使しています。

 

スタジオは乾燥やライトの熱によって肌に悪い状態ですし、常にしっかりメイクを強いられるからです。

 

そのため、普段はできるだけ肌に負担のかからないケアを心掛けている人が多く、特にクレンジングにはこだわりを持っている人が多いようです。

 

 

スキンケアについて詳しい人たちが使っているビオデルマですから、絶対に肌に良いと思いますよね?

 

また、肌に負担をかけずしっかりメイクを落とすことができることと、おしゃれや美容に敏感な国であるフランスで使われているクレンジング剤ということも魅力かもしれません。

 

 

ビオデルマの使い方はとても簡単で、コットン数枚にたっぷりとビオデルマを染み込ませ、メイクがつかなくなるんでしっかりとふき取ります。

 

本来は洗い流す必要はありませんが、気になる人はその後に水洗いしてからいつも通りのスキンケアをします。

 

フランスでは洗顔はこれだけで済ませ、化粧水もつけずに乳液やクリームを塗っておしまいです。

 

シンプルなスキンケアを好む国らしい使い方ですね。

 

 

フランスのスキンケア事情

 

フランス ビオデルマ

 

フランス女性のスキンケア方法はとてもシンプルだと言われています。

 

日本人のように毎日二度も石鹸や洗顔フォームでしっかり洗顔することはなく、ビオデルマのようにふき取り用のクレンジングや化粧水で汚れを落としてクリームを塗る程度です。

 

私たちにとっては驚きのスキンケア方法ですが、フランス人女性から見ると逆に私たちが当たり前のように行っている洗顔方法が信じられないようです。

 

同じスキンケア方法をフランスで真似をすると、あっという間に肌がガサガサになりトラブルだらけの肌になってしまうからです。

 

 

それでは、なぜ日本とフランスではスキンケア方法が違うのでしょうか?

 

一番の違いは水の質です。

 

フランスに限らず世界の多くの国では水道水を飲み水にすることはできません。

 

日本は水道水を飲み、洗顔、お風呂、料理など生活のすべてに使うことができます。

 

それは、軟水だからです。

 

 

しかし、フランスは日本とは違い硬水と言われる石灰を多く含んだ水なので、肌や髪に付着するときしんだり荒れたりしてしまうのです。

 

日本人がフランスに旅行に行くとシャンプーや石鹸が泡立たないことに驚きます。

 

そんなこともあって、フランス人は洗顔だけではなく髪を毎日洗うこともないそうです。

 

 

ビオデルマは本当にメイクが落ちる?

 

ビオデルマは本当に肌に刺激がなく、まるで水のようですがクレンジングに使ったコットンにはメイクがしっかり移っています。

 

かなり優秀なクレンジング剤と言っても良いようですが、しっかりメイクをしたときはどうでしょう?

 

どうしてもコットンを何枚も使うことになり、そのたびに肌との摩擦が気になります。

 

 

摩擦は肌にとって大敵で、シミやくすみの原因になってしまうので、できるだけこすらないスキンケアが大切なのです。

 

普段の薄いメイクの日はビオデルマでも十分メイクが落とせますが、しっかりメイクをした日は、ちょっと心配ですね。

 

ゴシゴシこすることで、メラニン色素が過剰に分泌される危険があるからです。

 

 

また、実際に使用してみるとアイメイクや口紅の落ちがいまいちだと分かります。

 

ビオデルマでしっかりクレンジングしたつもりでも、鏡で見ると目の周りが真っ黒だったり、唇が赤いまま・・これではメイクが完璧に落とせたとは言えません。

 

 

このように、ビオデルマはとてもシンプルで優秀ではありますが、濃いメイクを落とすのは難しいようです。

 

美肌のためにはメイクや汚れをしっかり落とすことが大切です。

 

ですから、ビオデルマを使う際はなるべくシンプルなメイクをするなどの工夫が必要ではないでしょうか?

 

激安!送料無料=ビオデルマ通販

 

当サイト限定!↓大人気クレンジングバーム