肌に負担をかけないスキンケアの方法

スキンケアが肌の負担に?!

 

スキンケア

 

スキンケアは、肌を美しく綺麗に保つために行うことですよね。

 

しかし、そんなスキンケアが肌の負担になっているかもしれません。

 

シンプルスキンケアが一番、という説もありますし
若いうちは肌を甘やかさないスキンケアが良いともいわれています。

 

凄く肌の綺麗な人がスキンケアはニベアのみ、スキンケアはほとんどしない、なんて場合もありますし、ケアをすることが肌のためになるとは一概には言えません。
特に、肌のためにとあれもこれも塗っていても、逆効果の可能性もあります。

 

沢山塗り重ねれば重ねるほど肌を摩擦する回数も増え、負担になってしまいます。

 

また、これだけケアをしているんだからという甘えが生じる場合もあるでしょう。

 

肌の負担を減らすためにも、今一度スキンケアについて考え直してみてはいかがでしょうか。

 

 

洗顔とクレンジング

 

洗顔 クレンジング

 

スキンケアの中でも最も大切なことは、洗顔という説もありますしクレンジングという説もあります。

 

他にも化粧水、乳液、美容液…どれも「一番大切」なんて言われていますよね。

 

どれが一番とは言えませんが、不可欠なのが洗顔とクレンジングでしょう。

 

顔をしっかりと洗わなければその後のケアの効果が格段に下がってしまいます。

 

大切なことは、肌に負担をかけずにしっかりと汚れを落とすことです。

 

メイクを落としたいからといってゴシゴシ擦ってはいけませんし、お湯で顔を洗うのもお勧めは出来ません。

 

肌のことを考えるのならぬるま湯で優しく、こすらない程度に洗うようにしましょう。

 

ダブル洗顔不要の商品は洗浄力が強く肌に負担がかかる。という説もありますが、顔の摩擦が一度で済むので負担はあまり変わりません。

 

自分に合った、肌に優しくかつメイクをきちんと落とせるクレンジングを見つけることがとても大切です。

 

 

スキンケア

 

スキンケア 肌のために

 

化粧水、乳液、美容液、クリーム…

 

スキンケアといっても様々な過程がありますよね。

 

化粧水と乳液のみ。
化粧水とクリームのみという人も多いはず。

 

最近はオールインワンタイプのスキンケアも増えてきましたね。

 

この中でも一番欠かせないのが、化粧水です。

 

化粧水はたっぷりとつける。何度もつける。重ねてつける。

 

しかし、パッティングは摩擦しすぎないように、肌を強くたたきすぎないように注意をしてください。

 

ハンドプレスかコットンかは意見が分かれるところなので、自分で使ってみて良いと思った方を実践してみて下さい。

 

化粧水を塗ったら、乳液でもクリームでも良いので蓋をすることを忘れずにしましょう。

 

肌の油分量は人によって違うので、乳液のみで保湿が十分な人もいれば、乳液・クリーム・オイルと重ねなければ保湿不足になってしまう人もいます。

 

化粧水の保湿はたっぷりと行うことが基本ですが、その後の保湿流行りすぎると油分過多状態になり肌トラブルが起こる可能性もあります。

 

自分の肌質を見極めて保湿アイテムの使い方を考えてみて下さい。

 

 

メイク

 

メイク

 

普段のメイクが原因で肌の負担になっている可能性があります。

 

ファンデーション等を塗る前にきちんとUVカット効果のある商品を使っていますか。

 

目元をごしごしと擦ったりしていませんか。

 

肌が疲れるようなメイクをしていませんか。

 

目のキワまでアイメイクをしたのなら、目のキワまでクレンジングをしましょう。
肌に密着する落ちにくいベースメイクを施したのなら、しっかりと洗い流せるクレンジングをしましょう。

 

最近は洗顔料で落ちるベースメイクや美容液がたっぷりと配合された商品も多く販売されています。

 

スキンケアも大切ですが、肌に優しい化粧品を選ぶ事もとても大切です。

 

当サイト限定↓DUOクレンジングバーム初回キャンペーン