敏感肌におすすめのメイク落とし

敏感肌のメイク落としはクレンジングバームがおすすめ

 

敏感肌

 

メイクをしてもクレンジングによって肌が赤くなったりかゆみが出たり、敏感肌の方にとっては気軽にできるものではない場合もあります。

 

またW洗顔を行うことによって乾燥が進んでしまったり、肌への刺激が強すぎて赤みやかゆみが出る場合もあるでしょう。

 

そんな敏感肌の方も一度でスッキリ刺激も少なくメイクや汚れを落とすことができるクレンジングの、クレンジングバームならスッキリしかも肌への負担がなくメイクも落とすことができるのです。

 

クレンジングバームには合成着色料や香料などが含まれていない無添加でもあり、界面活性剤なども含まれていないので敏感肌の方も安心して使用できるのです。

 

敏感肌の方にとってはやはり化学成分は気になることでもあり、使用に関しても不安があるでしょう。

 

またクレンジングバームはW洗顔が必要ないので、肌への負担も軽減させることができます。

 

せっかく敏感肌用のクレンジングや洗顔料を使用していても、Wで使用することにより肌への負担は大きくなってしまいます。

 

一度でスッキリ落とせるクレンジングバームなら、肌への負担も軽く安心して使用することができるでしょう。

 

敏感肌でお悩みの方も、スッキリ落とせるクレンジングバームなら気にすることなくメイクも楽しめますし、そのあとのクレンジングや洗顔も心配する必要がありません。

 

安心して選べる成分、それがクレンジングバームです。

 

 

敏感肌、アトピー肌の肌荒れはクレンジングの見直しから

 

クレンジングでの肌荒れやアトピー肌による肌荒れ、敏感肌やアトピーの方は成分に着目して選ばなければならないので、自分が満足できるようなクレンジングも洗顔もできないと不満を持つ方もいるでしょう。

 

ですがこのクレンジングを見直さなければやはり肌荒れは解消することはできません。

 

ただアトピーや敏感肌だからといってクレンジングも市販品では見つけられない場合もあります。

 

また見つけたと思っていてもいざ購入して使い始めたら肌荒れがひどくなったこともあるのではないでしょうか。

 

もしかしたら成分に化学成分が含まれている可能性があります。

なかなかその成分を見分けることも難しい場合があり、敏感肌やアトピーでも使用できると書かれていても無添加ではない場合もあるのです。

 

この場合やはりクレンジングから見直す必要が出てきます。

 

クレンジングでも石油系界面活性剤が含まれている可能性があります。

 

そのため肌荒れを起こす可能性もあるので、クレンジングでもオイル系であっても無添加であるか必ず確認する必要があるのです。

 

なぜ肌が荒れるのかわからない、という方も基礎化粧品ではなくまずはクレンジングから見直してみてはいかがでしょうか。

 

クレンジングと言っても肌に大きな負担をかけている可能性があるので、肌荒れが解消できない時はまずチェックしてみましょう。

 

 

強力なクレンジング剤が与える肌への悪影響

 

クレンジングといえばオイル系で毛穴の汚れを浮かす、メイクを浮かして落とすというイメージがありますよね。

 

なのであまり肌への影響はないように感じられることもあるでしょう。

 

ですが洗顔料よりも意外にもクレンジングの方が肌に与える影響が大きい場合もあるのです。

 

まずクレンジングにはメイクや毛穴汚れを浮かして落とすために強力な洗浄成分が使用されています。

 

このような強い洗浄成分があると、必要な皮脂まで落とす可能性もあるのです。

 

しっかり洗うことも大切ですが、洗いすぎてしまうと逆に肌に悪影響となってしまうでしょう。

 

また皮脂が必要な文まで落とされてしまうと、肌は乾燥から守ろうとする働きをするため過剰に皮脂を分泌します。

 

さらに肌がベトベトになるためしっかり洗うことを繰り返してしまい、悪循環となる可能性もあります。

 

また角質層は肌のバリア機能を持つため、保湿はもちろん刺激からも守ってくれる役割がありますが、洗いすぎにより角質層がダメージを受けるとバリア機能が失われて感想や肌のキメが粗くボロボロになってしまうのです。

 

このように強力なクレンジング剤には肌へのダメージ力も高くなってしまうため、使用し続けるとどんどん肌が荒れてしまうのです。

 

クレンジングを選ぶ際には肌への影響も考えて強力なクレンジング剤は避けるようにしなければなりませんね。

 

 

クレンジングは成分に注目

 

クレンジングは落とすことが目的なので、しっかり汚れやメイクが落ちればいいなんて考えてはいませんか?

 

そのためあまり成分に着目している方も少ないのではないでしょうか。

 

実はクレンジングはオイルだけで作られているのではなく、きちんと汚れを落とすための洗顔料などと同じような洗浄成分が入っているのです。

 

クレンジングは汚れを浮かす成分がありますよね、これが洗浄成分なのです。

 

そしてその成分、実は石油系界面活性剤であることが多いのです。

 

石油系界面活性剤は水で洗い流してもなかなか取れることはありません。

 

また界面活性剤はたんぱく質を溶かす性質があります。

 

植物由来の界面活性剤は洗い流せば落ちてしまうので肌の角質層へのダメージも少ないのですが、落ちにくい石油系界面活性剤はそのまま残ってしまう場合があり、どんどん角質層へダメージを与え続ける可能性があるのです。

 

角質層がダメージを受ければ、当然肌のバリア機能も壊れてしまうため、肌はどんどん乾燥し荒れていくでしょう。

 

あまり気にされることのないクレンジングの成分ですが、クレンジングだからこそ成分に注目して選ぶ必要があるのです。

 

保湿をしてもなかなか肌が潤わないという方は一度自分の使用しているクレンジングの成分をチェックしてみましょう。

 

クレンジングも洗浄力ではなく、まずは成分で選ぶようにしていきましょう。

 

 

 

当サイト限定↓DUOクレンジングバーム初回キャンペーン