敏感肌用でも成分に注意!

敏感肌用の商品でも肌に合わないことは多い

 

敏感肌商品

 

敏感肌の方はどんな化粧品でも敏感肌用のものを選びますが、敏感肌用の商品でも合わないという場合もあるでしょう。

 

敏感肌の方は商品を使用した時に、赤みやかゆみが起きたりします。

 

ひどい時には腫れたり痛みが出る場合もあります。

 

そのため使用する商品には細心の注意が必要となります。

 

ですがどんなに気を配っていてもいざ使用したら敏感肌用なのに肌が刺激されてしまったという方も少なくはありません。

 

特に多いのが「敏感肌に合うように作られた成分」という表記です。

 

かなり曖昧でもありますし、無添加で化学成分の使用はゼロなどという表記もない商品があります。

 

それなのに敏感肌用となっている商品もあるのです。

 

さらに無添加であってもたくさんの成分が配合されているために、刺激が強くなってしまい肌が荒れてしまったという場合もあるでしょう。

 

もちろん無添加であることも重要なのですが、やはり少ない成分でシンプルに作られているものであること。

 

そして本当に肌に刺激の少ない天然由来の成分が使用されていることが重要です。

 

「敏感肌用」と簡単に記載されていますが、できれば自分でも成分をチェックして、何が刺激になるかを理解し商品を選ぶようにしましょう。

 

 

 

敏感肌が避けるべき成分

 

 

敏感肌の方にとって化粧品選びはとても重要なことです。

 

特に気にするべきは成分であり、これだけは避けなければならないという成分もあるでしょう。

 

まず1番に避けなければならない成分といえば、合成界面活性剤です。

 

そして特に気をつけて欲しいのが石油系合成界面活性剤です。

 

天然の界面活性剤は使用しても洗い流すことで綺麗に落とすことができますし、肌への刺激も天然由来なのであまり強くはありません。

 

ですが石油系合成界面活性剤は刺激も強いですし落ちにくい性質があるので、W洗顔が必要となり、それでも落とせていない場合もあって、肌に残ってしまうと角質層にダメージを与えてしまいます。

 

また洗浄力も強いため刺激も天然由来に比べるとかなり強いです。

 

この洗浄力だけでも肌への刺激は大きいので、敏感肌の方にとっては肌トラブルの原因を作るきっかけとなってしまうでしょう。

 

できるだけ避けるべき成分である石油系合成界面活性剤、表記名がこのように記載されていることがないので必ず別名も覚えておくようにする必要があります。
特によく見かける表記名がラウリル硫酸Naなどの名前でしょう。

 

他にもラウレス硫酸Naやラウリルスルホン酸Naなどもあります。

 

これだけではなくアルコール成分や石油系油脂なども強い刺激になるので、含まれているかチェックする必要があります。

 

敏感肌さんは避けるべき成分に注目し、商品を選ぶようにしましょう。

 

 

 

特にクレンジング剤選びは慎重に!

 

 

敏感肌さんは使用する化粧品全てに注意が必要ですよね。

 

なので基礎化粧品や洗顔料の他に、メイク用品も全て注意を払わなければなりません。

 

ですがこの中でも要注意なのは基礎化粧品ではなく、クレンジング剤なのです。

 

実はクレンジング剤には石油系合成界面活性剤を使用されているものが多く、他の化粧品よりも強い刺激が肌に加わる可能性があるのです。

 

クレンジングといえばミルクやクリームで、しっとりした感覚もあるため特に肌への影響があるとは思われていないこともあります。

 

ですが実はクレンジングが使用する洗顔料の中でも一番洗浄力が強い場合があります。

 

そして使用されている石油系合成界面活性剤はとても強い刺激を与えるものなので注意が他よりも必要になるのです。

 

あまり気にされる方もいなかったかもしれませんが、クレンジング剤選びには特に慎重にならないといけません。

 

成分表記は必ずチェックし、ラウリルやラウレスなどの表記があればあまり使用しないようにしたいものです。

 

また石油系合成界面活性剤は落ちにくい性質を持っているので、W洗顔でさらに肌にダメージを与える可能性もあるので注意しましょう。

 

できれば一度で落とせて、石油系合成界面活性剤を使用していないクレンジング剤を選ぶようにしましょう。

 

 

 

当サイト限定↓DUOクレンジングバーム初回キャンペーン