マツエクと相性の良いクレンジング剤とは?

クレンジングで変わるマツエクのもち・・おすすめは?

 

まつ毛

 

マツエクにはオイルフリーのクレンジングが基本となります。

 

マツエクのクレンジング

 

クレンジングでおすすめなのは、オイルフリータイプのメイク落としです。

 

マツエクのクレンジングを選ぶとき、一番のポイントとなるのです。

 

マツエクを付けたとき、オイルタイプのクレンジングは使わないように、といった説明があると思います。

 

それはなぜかというと、マツエクを付けるとき、使っている接着剤であるグルーがオイルにとても弱いというのです。

 

油分を含んだメイク落としを使うと、接着剤であるグルーが溶けてしまってマツエクが取れてしまうのです。

 

今は接着剤も進化しているので、オイルクレンジングも大丈夫のタイプがあります。

 

マツエクサロンで使用している接着剤の性質にもよるのですが、基本的にはオイルタイプのクレンジングは使わないほうがいいといことを頭に入れておきましょう。

 

一方で、一部のオイルクレンジング商品でも、シアノアクリレート系のグルーは大丈夫というオイルクレンジングもあります。

 

マツエク大丈夫と記載されているクレンジングの中で、成分の異なる接着剤を使っている場合は注意が必要です。

 

どういった接着剤を使っているのか、マツエクサロンに問い合わせをして確認してみましょう。

 

クレンジング選びを失敗して、マツエクがすぐに取れてしまうと悲しいです。

 

そのためにももちの良い、クレンジングを使うようにしましょう。

 

オイルタイプのクレンジングかどうかわからないときは、「オイルフリー」や「マツエクOK」と容器に書かれているクレンジングを選ぶようにしましょう。

 

 

マツエクをしている人がクレンジングする際の注意点

 

マツエクをしているときというのは、朝のメイク時間が短縮できるメリットがあります。

 

しかし、クレンジングにデメリットがあるとしたら、メイクを落とすのが面倒ということです。

 

マツエクをしている時のメイク落としは、マツエクが取れないかどうか心配になります。

 

そうなると、気を遣いながらメイク落としをするようになるのです。

 

メイクを落とす際、目元のアイメイクを落とす人も多いと思います。

 

そのときにコットンを使用しないほうが良いのです。

 

コットンを使ってしまうと、マツエクにコットンの線維が絡まって引っ掛かることがあるからです。

 

アイメイクを落とすときは、なるべくコットンを使わずに綿棒などでアイメイクを落とすようにしましょう。

 

このときに気をつけないと綿棒の線維もエクステに絡まってしまうので、先の細いタイプの綿棒を使とよいでしょう。

 

 

目元をゴシゴシ擦らない

 

目元を擦ると、摩擦でマツエクが取れやすくなります。

 

ピョンとマツエクが変な方向を向いてしまうことがあるのです。

 

メイクを落とすさいのクレンジングは、優しくなでるように馴染ませてメイクを落とるようにしましょう。

 

洗い流す時も、目元を擦らないようにして、洗い流すようにしましょう。

 

 

おすすめのクレンジング

 

おすすめのクレンジングをいくつか紹介します。

 

モイストゲルクレンジング

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、こんにゃくのスクラブが特徴といっていいでしょう。

 

99.3%の濃厚美容液が配合されたゲルクレンジングとなっているのです。

 

極小のこんにゃくスクラブが凸凹した毛穴の汚れに働きかけてくれます。

 

ダブル洗顔が必要ないので、洗顔はコレ1本で大丈夫です。

 

敏感肌用に作られたスクラブですから、目の周りにも使える優しい感触で、メイクもすっきりとオフできます。

 

無添加で弱酸性ですから、肌への刺激が少なくストレスがまったくありません。

 

 

オルビスのリキッドクレンジング

 

オルビスのリキッドクレンジングは、完全にオイルをカットしたクレンジングです。

 

オルビスの商品の中でも15年連続売上NO1の不動の人気商品となっているのです。

 

高いクレンジング力があるにもかかわらず、成分の30%がうるおい成分で保湿効果が高いのが特徴的なクレンジングなのです。

 

美容液のようなトロっとしたクレンジングは肌への刺激が少なく、洗い上がりも瑞々しく、潤いの肌へ導いてくれることでしょう。

 

 

 

当サイト限定↓DUOクレンジングバーム初回キャンペーン

トップへ戻る