肌に優しいクレンジングバーム

大人気!ラミナーゼ

クレンジングの種類

 

クレンジング 種類

 

クレンジングっていっぱい種類があるって知っていましたか?

 

化粧水は化粧水、乳液は乳液ですが
クレンジングは質感や効果、メイクの落ち具合等によって様々な種類があります。

 

種類別!クレンジングの特徴

 

クレンジングは大きく分けて6種類

オイルクレンジング
クレンジングといえばオイル!
オイルを使っている人が一番多いといわれています。
人気商品や有名商品や定番商品の多くがオイルタイプです。
オイルクレンジングはメイクを簡単にしっかりと落とすことが出来ます。
皮膚に密着するリキッドファンデやクリームチーク等も簡単に落ちるでしょう。
その分肌への負担は大きく、肌が弱い方にはあまりお勧めできません。

リキッドクレンジング

オイル程ではありませんがオイルに近い洗浄力を誇るジェル。
まつ毛エクステをしている人はオイルクレンジングを使うことが出来ないので
しっかりとメイクを落としたい!でもまつ毛エクステは辞められない!という人に好まれているのではないでしょうか。
オイルフリーなのでオイルタイプだと皮脂量や油分が気になるという人にもぴったりです。

ジェルクレンジング

ジェルの中でもオイル配合タイプの商品や油性ジェル等の種類に分けることが出来ます。
オイル程のとろみはなくジェルなので肌馴染みもよくクレンジングのときの摩擦を軽減することが可能です。
アイメイクもしっかりと落ちる洗浄力を持ったクレンジングでしょう。

クリームクレンジング

肌に優しく負担をかけずにクレンジング可能なのが、クリームタイプ。
しかしオイル等と比べると洗浄力が弱く、肌に密着するメイクはなかなか落ちにくいかもしれません。
その為パウダーファンデや自然派素材のメイクアップアイテム等、軽い付け心地の化粧品が好きな人には良い商品かもしれませんね。

ミルククレンジング

クリームタイプよりも更に肌に優しいのがミルクタイプです。
乳液のような質感で保湿しながらメイクオフをすることが出来ます。
しかしミルククレンジングで落とせるのはあくまで軽く塗られたベースメイクのみ。
目元や口元はポイントメイク落としを使う必要があります。
部分用メイク落としと併用して使いたい方や肌への負担を最小限にしたい人におすすめです。

シートクレンジング

シートをさっと取って顔を拭うだけで簡単にメイクオフ出来るのが、シートクレンジング。
シートクレンジングはしっかりとメイクを落とせないといわれていましたが、最近はオイル配合のクレンジング力に優れた商品も増えてきました。
しかし、肌を強く摩擦するので負担になってしまうでしょう。
メイクをしたまま眠るよりは良いかもしれませんが、それでも極力使わない方が良いかもしれませんね。

 

クレンジングの種類はとても沢山あります。
なんとなくで選ばずに自分の肌や使っている化粧品に合ったものを選ぶようにしましょう。

オイルクレンジングはおすすめ出来ない?!メイクがしっかりと落ちるのでオイルクレンジングを使っている人も多いでしょうが、実はクレンジングの中でもオイルタイプは老化を促進させる肌に悪いアイテムだったんです。なぜ、オイルクレンジングは肌を老化させてしまうのでしょうか?
→オイルクレンジングのデメリットについて詳しく知りたい

 

 

今話題のバームクレンジングとは?

クレンジングバーム

  • オイル
  • リキッド
  • ジェル
  • クリーム
  • ミルク
  • シート

と種類豊富なクレンジングですが、実はまだまだ種類があります。

 

特に最近話題なのが、バームタイプのクレンジングです。

 

リップバームやマッサージバームは聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

バームとは?
疎水性が高く肌を保護する質感を持っています。
クリームよりも若干固めのテクスチャーではありますが熱を加えることで少しずつ柔らかくなりトロトロとした柔らかさを持つでしょう。
保湿効果が高く有効成分が吸収されやすいのでスキンケアにぴったりのアイテム。

このように、クレンジングバームとは美容アイテムにぴったりの要素を兼ね備えています。

美容商品の中でもバームを用いたアイテムが増えています。肌に潤いを与えてくれる、美容成分の効果を実感しやすい、肌への負担が最小限等嬉しい効果が盛りだくさん!バームタイプの商品ってどんなものがあるの?もっとバームについて詳しく知りたい!
→バームのことを詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

  • オイルよりも肌に負担がかからず
  • リキッドよりも洗浄力が高く
  • クリームよりも美容成分が浸透しやすく
  • ミルクよりも肌に優しい夢のクレンジング

それが、バームタイプのクレンジングなのです。

 

 

肌のことを考えるのならバームタイプが一番

 

クレンジングバーム 肌に優しい

 

メイクをしたら、必ず落とさなければいけません。

 

しかし、スキンケアの中でもクレンジングは肌への負担が一番大きいといわれています。

 

メイクはしっかりと落としたいけれども肌に負担はかけたくない…難しい問題ですよね。

クレンジングは肌に負担がかかります。けれども、洗顔・化粧水・クリームやパック、マッサージだってやり方を間違えると肌の負担になってしまう可能性だってあるんです!肌のために行うスキンケアが肌の負担になるなんて!
→極力肌に負担をかけないスキンケアをするにはどうすればいいのか調べてみました

 

けれども、バームタイプのクレンジングなら肌に負担をかけずにメイクをしっかりと落とすことが出来ます

 

肌への密着力が高く油分が多いのでメイクをするする落としてくれる!
美容成分が浸透しやすくテクスチャーが柔らかいので肌への負担が最小限!

 

肌のことを考えるのなら、クレンジングはバームタイプに切り替えてみませんか?

 

バームクレンジングを一度使うと、その洗浄力と保湿力からもう離れられなくなってしまうでしょう。

 

 

クレンジングバームおすすめランキング

ラミナーゼクレンジングバーム

ラミナーゼ モイストクレンジング バームの特徴

一本で7役!

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 毛穴ケア
  4. エイジングケア
  5. パック
  6. マッサージ
  7. トリートメント
の効果を兼ね備えた高機能バームクレンジング。
W洗顔不要なのでこれだけでメイクをしっかりと洗い流すことが出来ます。

価格 120g 4,050円 35g 1,400円
評価 評価5
備考 定期便利用で10%オフでの購入が可能
ラミナーゼ モイストクレンジング バームの総評

9種類の植物エキスをはじめ、ビタミンCやプラセンタ等の美容成分がたっぷりと凝縮。

低刺激処方で肌に優しく、驚く程簡単にメイクオフが可能。

洗浄力には自信あり!メイクはしっかり落ちるのに肌に優しい!

肌に密着したファンデーションも、バームを乗せるだけでぐんぐん溶けていきます。

全国どこでも送料無料。定期コースは変更やお休みも自由なので安心して定期コースに申し込むことが出来ます。

duoクレンジングバーム

DUO ザ クレンジングバームの特徴

1本で5役!

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 角質ケア
  4. マッサージケア
  5. トリートメント
とろける毛穴クリアカプセルのおかげで肌にぐんぐんバームが馴染み、微粒子化し、美容成分がたっぷりと浸透しつつメイクを綺麗に洗い流してくれるでしょう。

価格 90g 3,600円 20g 800円
評価 評価4
備考 定期便利用で税別2,880円での購入が可能
DUO ザ クレンジングバームの総評

31種類のエイジングケア成分配合。
肌に優しい無添加処方。
専用スプーンがついているので衛生面もばっちり。
安心して使うことが出来るクレンジングバームなのではないでしょうか。

ラフラクレンジングバーム

ラフラ バームオレンジの特徴

5つの効果!

  1. メイク落とし
  2. 洗顔
  3. 温感マッサージ
  4. 角質ケア
  5. 美容パック 
温感アロマクレンジングを体験できる新しいタイプのクレンジング

価格 100g 3,240円 200g 5,400円
評価 評価3.5
備考 公式サイトでは定期的に送料無料キャンペーンなどを行っています。
ラフラ バームオレンジの総評

コラーゲン・はちみつ・ヒアルロン酸・ローヤルゼリー・グリセリン・オリーブ油配合

冬場のマッサージには気持ちが良いかもしれませんが、人によっては毛穴の開きが気になるかも…?
バームタイプではありますが、オイル同様まつ毛エクステをつけている人にはおすすめ出来ないタイプです。

 

当サイト限定!↓

更新履歴